前へ
次へ

親の見学が可能かどうかを家庭教師に聞く

優秀な学校に進学する子供の勉強場所としてリビングを挙げることが多いようです。
子供部屋があるなら子供部屋で勉強した方が集中できそうで、リビングだといろいろ気が散りそうなイメージがあります。
実際はリビングは適度な生活音があり、親などに見られている緊張感もあって勉強しやすくなるようです。
一方個室は勉強するのもしないのも自由なので、集中力を失うと途端に勉強できなくなります。
これからはリビングで勉強させた方が良いのかもしれません。
家庭教師を利用するときにおいてどこで勉強するかですが、通常は個室があるなら個室が多くなるようです。
では親が自由に見学ができるかどうかですが、一応家庭教師に確認をするとよいでしょう。
親によっては勉強の邪魔になるからと気を使ってあまり部屋に入らないケースがあるようですが、チェックをすることは大事な親の役割と言えます。
お茶を持っていくついでなどではなく、堂々と授業中に出入りをしてチェックしても良いかもしれません。

Page Top