前へ
次へ

家庭教師の得意と苦手の度合いを知っておく

学校での勉強では各教科を学ぶ必要があり、卒業のためには得意でない分野の勉強もしないといけないでしょう。
大学からはより専門性を高めた学び方ができるので、理系に行ったり文系に行ったりして知識や経験を高められるようになっています。
理系に行く人は理系科目は得意だが国語や社会などを苦手にしている人がいて、文系の人だと数学や理科が苦手の人もいるでしょう。
家庭教師を利用するときはできれば得意としている科目を教えてもらいたいと考えるはずです。
家庭教師に来てもらうときの定番の質問として得意科目と苦手科目があるかもしれません。
苦手科目が子供の苦手科目と一致していると少し不安になるでしょう。
ただ先生の苦手の度合いを知らずに判断するのは良くありません。
苦手と言っても他の科目に比べて苦手であるにすぎず、一般的な理解度は高いケースがあります。
一方得意と言っても一般から見るとレベルが低いケースもあるでしょう。
単純に得意か苦手かだけの判断は良くないときもあります。

Page Top